「1秒!」で財務諸表を読む方法

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

以前までは、すごい勢いで本を読んでいたのですが、いっぺんにたくさん読んでも思ったより頭に入ってこないので、しばらくは1週間に1冊くらいのペースで読書をしようかと思ってます。

というか、たくさん読むことに疲れたかと。。。(^ ^;;

読んだ本は、とりあえず備忘録的にBlogに記載。

まとまったら、まとめページでも作ろうかと。

 

先週の読書メモ。

読んだ本:『「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本』

分類:会計

おすすめ度:★★★★☆

対象者:若手SE、会計初心者

 

会計の勉強をするための入り口として最適。

非常にわかりやすく財務諸表を読む際のポイントが書かれています。

ワタクシは数年前に会計の知識をつけるため簿記の勉強のため学校に通ったりしてましたが、正直仕訳はできますが、それほど財務諸表を読むスキルは磨けませんでした。

筆者も、本文の中で財務諸表を読むために仕訳のスキルは不要といってます。

確かに、同感。

で、この本ではどういったポイントで3大財務諸表(貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書)を読めばいいのか、またそれぞれはどのように関連しあっているのかがわかりやすく書かれています。

これ一冊を読んでから、会社四季報なんかを読んでみると色々と新しい発見があるかもしれないですね。

若手SEのみなさんも必見の1冊です。

 

ちなみに、続編もあります。こちら ⇒ 『「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】』

こちらの書評は、いずれそのうちに。