起業のルール

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先週の読書メモ。

読んだ本:『あたりまえだけどなかなかできない 起業のルール (アスカビジネス)』

分類:ビジネス

おすすめ度:★★★☆☆ (星3つ)

対象者:起業に興味ある人

 

帯表紙の『思いを事業(かたち)にしようじゃないか』という言葉にひかれて購入。

読みやすいボリュームなので早い人なら1時間くらいで読み終わるのではないでしょうか。

 

当たり前のことが書かているだけなのですが、別に改めて言われなくても!と思う人もいるかもしれません。

が、自分の起業に対する考えを整理したり、起業をするってどういうことなのかイメージできていない人にはおすすめの1冊です。

 

見開き2ページに1つのテーマについて書かれており、ワタクシが特に印象に残ったテーマは、以下の通り。

  • 事業計画はたくさんの人に見てもらおう
  • 世の中にない肩書きをつけよう
  • 何をするかより、誰がするか、誰とするか
  • 起業前にお試ししてみよう
  • 行政はできるだけ利用しよう
  • 先に与えることを考えよう
  • プライドは捨ててしまおう

この中でも、特に3つ目。

指南書『ビジョナリーカンパニー2』にも書かれていますが、やっぱりこれが重要です。

ワタクシもこれを重視し、今準備を進めています。

メンバーを集めて、「夢を持って情熱を持って仲間たちと打ち込める仕事」をするという理念の下、事業計画を作成しております。

1人でやるのももちろんいいですが、同じ理念をもつ人が近くにいるのであれば、ぜひその人を誘ってみることをお勧めします。

 

ま、とても読みやすい本ですので、さらっと読んでみると何か発見があるかもしれません。