KeynoteとKeynote Remote

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

どーも、pingpanです。

 

次回のプレゼンはMacBook Airを買ったのでKeynoteでやる予定。

ということで、KeynoteをiPhoneで操作できるようにKeynote Remoteを使って動作テストをしてみました。

 

無線LAN経由で操作できるはずなのですが、インフラストラクチャモード(アクセスポイントを介する通信。通常はこれ。)だとうまく接続できず・・・・

アクセスポイントの設定の問題かもしれませんが、どうにもうまくいかず。

ということで、アドホックモード(機器同士で直接接続する通信)で試してみたら、うまくつながりました。

iPhoneからサクサクKeynoteが操作できます。

iPhone側でKeynoteのノートもちゃんと見れますので、カンペとしても大いに役立ちます。

 

次回のプレゼンの準備はこれで完了。

あとは、資料のアップデートをもう少しやっておくといったところです。

 

ちなみに、MacBook Air(MacOSX)でのアドホックモードの設定方法は以下の通り。

[リンゴマーク] > [システム環境設定] > [ネットワーク]

にて、[ネットワーク名]のプルダウンから[ネットワークを作成]を指定して、ネットワーク名とWEPのパスワードを設定すればOK!

iPhone側のWi-Fi設定からMacBook Airで設定したネットワーク名が見えますので、そちらに接続すれば完了。

これでiPhoneとMacBook Airが接続できます。

アドホックモードは、無線LAN環境がない時に、2台のデバイスを接続する際も役立ちます。

 

というわけで、今日は以上。