MacでMS Officeを使う時のメモ

どーも、pingpanです。

 

MacでMS Officeを使う時、Windowsとショートカットの割り当てが異なっていて、戸惑うことが多々あります。

MS Office for Macはすごく使い勝手はいいのですが、WIndows上で使う感じでキー操作するとうまくいかないので、いくつかその例をまとめておきたいと思います。

気付いた時に、順次アップということで、メモを残しておきます。

 

1. Windowsの[delete]キーと同じ挙動をさせたい場合

Macの[delete]キーで文字を消す時、Windowsでいう[BackSpace]の挙動をします。

これを、Windowsの[delete]キーと同じ動作をさせたい場合は以下のキーを押します。

[Fn] + [delete]

 

2. Excelのセルの中で改行したい

Windows上では、[Alt]+[Enter]で出来るセルの中の改行。

これをMacでやる場合は、以下のキーを押します。

[option] + [command] + [return]

 

3. 基本的なコピーとか貼り付けとか。

Windowsで、[Ctrl] + [c]や[Ctrl]+[v]でやるコピーとか貼り付け。

Macの場合、[control]と一緒にキーを押してもできません。

Macの場合は、

[command] + キー

となります。

コピーの場合は、[command] + [c]とかです。

キーは、だいたいWindowsと同じです。

 

4. Excelのシート間を移動する

Excelのシート間の移動をいちいちカーソルを動かしてやるのは面倒くさい。

そんなときは、以下のキー操作でキーボードから実施できます。

[option] + 矢印キー (◀ or ▶)

 

ということで、こちらは順次追記します。

 

というわけで、今日は以上。