ITエンジニアあるある:帰り間際の法則

日々仕事をする上で感じたITエンジニアあるあるネタ。

名付けて「ITエンジニア的マーフィーの法則」

きまぐれで思いついたらまとめていきます。

 

[帰り間際の法則]

お客様先で作業後の待機をし、時間が来たので帰ろうと片づけ出すとシステムトラブルが発生する。

 

ITエンジニアは作業などでお客様先やデータセンターにて作業することも多いです。

で、作業後はシステムの様子を見る意味でも一定の時間は現地で待機します。

1時間、2時間、3時間・・・・と何事もなく平和な時間は流れ、今回の作業は無事トラブルなく終えることができたなぁなんて思いながら、片づけ出した時に限って、お客様から「なんかちょっと動きがおかしいような気がするのですが・・・・」なんて声をかけられたりよくします。

で、実はそれはけっこう大きなシステムトラブルで結果帰れなくなるなんてこともしばしば。

一時期は、あまりにこのパターンがよく起きるので、本気でシステムが寂しがって俺らを帰してくれないのかも、、、、って思ったほどでした。

 

いやはや、作業は家に帰るまでが作業。現地にいる間は、片づけの間も気の抜けない時間であります。

これぞ、「帰り間際の法則 by pingpan」でございます!