中小企業診断士講座:中小企業経営・政策完成講義&答練

6/19の授業。

 

ついに、完成講義&完成答練もこの科目でラスト。

今日は、中小企業経営・政策の完成講義と完成答練を受講してきました。

 

ここまでの中小企業経営と政策の勉強状況は、経営の方は暗記科目なのでそれほど勉強せず。。。(どちらかというと最後の最後にがっと覚えようと思ってます。)

政策の方は、経営に時間を割かなかった分、今週1週間かけて徹底的に勉強していました。

勉強しているうちに、だんだん内容もおもしろくなってきたので、うまく波に乗れて勉強できた気がします。

 

完成講義は、あまり新しい内容はなかったので、どちらかというと復習中心。

ただし、完成講義のレジュメは頻出分野がきれいにまとまっていますので、一読するだけでも十分復習になりました。

完成答練も目標の点数はクリアできたので、現時点ではOKとしましょう。

特に政策の方は狙って点数が取りにいけたので、この調子でもう少し深い論点まで攻めていきたいと思います。

経営は、まずは白書のグラフと統計情報を徹底的に頭に覚えさせないと・・・・という感じです。

今日のメモ

  • 頻出の統計資料(5年連続出題中!なので、確実に覚えること)・・・総務省「事業所・企業統計調査」、財務相「法人企業統計年報」、経済産業省「商業統計表」
  • 中小企業経営では、設問文の出典のチェックを必ずすること (出典によって対応を変える必要がある。)
  • 貸付制度については、次の3つを確実におさえる・・・担保の有無、保証人の有無、利子

 

中小企業経営・政策は、今後も引き続き暗記を進めていくとします。特に、経営の白書の暗記ですね。

今年の中小は、爆弾科目候補No1とのうわさもありますので、爆弾科目になっても5割アップ、通常通りの難易度なら6割5分アップを確実に取れるような状況にもっていくことが、残り1カ月の目標となります。

 

さて、今日をもって全7科目の完成答練が終了。

最大の目標であった全科目での6割アップは・・・無事に達成!!

これが本番試験だったら、合格だったのに~~(^ε^)

という冗談は置いておいて、今回の完成答練を振り返ると、法務がボロボロだったのと、企業経営理論が思ったより点数が伸びてきていないこと、この2点が大きな課題と判明。

来週の模試までは、企業経営理論と経営法務を中心に復習して模試に臨みたいと思います。

 

さて、この模試でどれくらい取れるか。

本番同様の気持ちで、臨みまするぅ~~!!目標は、7科目で420点アップなり!